環境対策への取り組み

●2017年2月 のアーカイブ

富士山朝霧 環境調和型バイオマス資源活用事業 (富士宮モデル)の概要(平成28~30年度 環境 省・国交省連携モデル事業)

環境省モデル事業の目的  近年、各地で再生可能エネルギーの活用を目的として、家畜ふん尿などを原料としたバイオマス発電が展開されていますが、メタン発酵により生じる消化液を液肥として牧草地等に散布することによる地下水汚染が懸念される地域があります。そのような地域を対象に、メ[ … ]