富士山朝霧バイオマスプラント 施設見学について

富士山朝霧バイオマスプラント 施設見学について

平成28年に環境省より受託した「環境調和型バイオマス資源活用モデル事業」は、当初3ヶ年の実証事業のため、富士山朝霧バイオマスプラントの稼働も、平成31年の1月末までの予定でしたが、事業延長により平成31年8月末まで稼働する予定となりました。そのため、富士山朝霧バイオマスプラントの施設見学も、来年平成31年の夏頃まで受付いたします。

施設見学者は、県内はもとより北海道、長野等の酪農が盛んな地域の農業関係者や、地元富士宮の高校で再生可能エネルギーについて勉強している高校生など、業種や年齢も様々な多くの方々にお越しいただいております。※平成30年11月5日の時点で、合計約600人の方が見学にお越しいただきました。

今後も富士山朝霧バイオマスプラントは施設見学を通して、再生可能エネルギー事業の啓豪活動を行っていきます。ぜひご興味がある方は、見学にお越しください。

富士山朝霧バイオマスプラント 視察申込書はこちら

富士山朝霧バイオマスプラント 位置図はこちら