富士山朝霧バイオマスシステム推進協議会(講演会)について

富士山朝霧バイオマスシステム推進協議会(講演会)について

平成30年6月5日(火)に、静岡県畜産技術研究所にて富士山朝霧バイオマスシステム推進協議会(講演会)を開催いたしました。当日は約100名の皆様が参加していただきました。

今回の推進協議会では全国から4名の講師を招き、消化液の利活用について講演を行いました。

          ■講演内容■

「消化液の肥料としての特徴と全国での利用事例について」                                                                                                                       農研機構農村工学研究部門 主任研究員 中村真人様

「牛ふん尿メタン発酵消化液を用いた土着微細藻類の培養条件に関する基礎的研究」                                                         北海道大学助教 工学研究院循環共生システム研究室 佐藤昌宏様

「マイクロナノバブル技術を利用した消化液の有効利用について」                                                                     東北大学未来科学技術共同研究センター 客員教授 高橋正好様

「未開拓の生物資源「微細藻類」を利用するために」                                                                                         佐賀大学農学部生命機能科学科 准教授 出村幹英様

バイオマスプラントを稼働するにあたり、消化液の処理は1番の問題点とされています。しかし、プラントから排出される消化液は、県内では馴染みがありませんが、九州、北海道などでは液肥として、水田、畑地、牧草地へ利活用されています。

又、今回の講演では消化液を培養液として微細藻類を育成し、多岐に利活用する研究や、消化液を洗浄する研究など、貴重なお話を伺うことが出来ました。

今後も富士山朝霧バイオマスプラントから排出される消化液の利活用の促進を行いたいと思います。